TOP > 製品紹介 > 電気所構内終端部側溝設置用油水分離槽

電気所構内終端部側溝設置用油水分離槽

電気所にある油脂類の環境対策は万全ですか?

油類の構外流失防止対策は「二重化」が求められています。「本体から出さない」「構外に出さない」ことが大切です。

製品の特長

  1. ステンレス製(SUS304)で耐久性に優れています。
  2. 万が一の時に油類を分離してタンク内に貯えます。


  • 太陽光発電による電源によって冷却ファンを回す方式ですから、商用電源を必要としません。装置の取り付けに変圧器の停止は不要です。
  • 直流12V、定格回転数2,500r.p.m、毎分の風量2.4m3のファン2台により、バスダクト内を換気します。
  • 冷却ファンの回転数は、光量によって変わりますが、晴天の時は午前8時頃から風量を期待できる回転数となり、正午をピークとして18時頃まで回転を続けます。バスダクトの冷却を必要としない曇りには微速度となり、雨の日は停止します。
  • 装置の取り付けが簡単です。バスダクトの換気口に金具を取り付けて装置を固定します。太陽光パネルは地上の、一日中日陰にならない場所に南向きに置くだけです。太陽光パネルの固定台は十分な重さがありますから、風で飛ばされることはありません。太陽光パネルの角度は20~40度まで可変できます。盛夏時は23度にしてご使用ください。
  • 太陽光パネルはバスダクト上部に設置することも可能です。この際はオプションの固定金具が必要です。
  • 変圧器の向き(太陽光パネルが日陰になる)やバスダクト上部の形状によっては設置できないことがあります。


オーダーメイド対応いたします。まずはご連絡ください。

お問い合わせ、ご依頼は下記のお電話番号、またはメールよりご連絡ください。お問い合わせ頂いた内容は、迅速にお返事するよう努めますが、内容によってはお答えできない場合や、お時間が掛かる場合がございますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせは024-542-1134 メールでのお問い合わせ

新着情報

取扱い製品

ページ上部へ戻る